クラフトマンシップ
このブランドはドイツ北西部にある大きな森の中にあるワークショップですべてハンドメイドで作られています。

そしていろいろな種類のホーンを使用し、水牛はインドと東南アジア、放牧バッファローはアルゼンチン、鹿のホーンはヨーロッパ原産です。

バッファローホーンの場合、ホーンの根元(最も幅のある部分)の付近を8cmの幅に、長さは20cmでカットします。

板の厚みは動物の種と年齢によって異なりますがおよそ5mmです。

カットしたホーン板は湾曲しているため温かいお湯に入れ、20枚~30枚を重ねてプレスします。

ホーンの内側組織を破壊しないようにゆっくりと行います。3,4ヶ月ほど掛かります。長いときは6ヶ月を必要とします。
ディアホーンの場合、切断と平らにするプロセスはバッファローホーンより複雑で時間も掛かります。

それはホーンの内部が固い事、それ以上に困難な事はホーンの大きい鹿がほとんど居ない事です。